次世代の道路反射鋲、ケーズルリング!


トップページケーズルリング工法とは

ケーズルリング工法について 特許取得済

ケーズルリングタイプビットにより特殊2段環状溝を既設路面に掘削し、ケーズルリングをはめ込む工法です。ケーズルリングがもたらす様々な効果は、現在の道路反射鋲に代わる新しいものとして広く注目を集めています

ケーズルリング工法

安全性・視認性・滑り止め効果が抜群!!

既設のアスファルト・コンクリート路面に直接施工ができます。リングは繰り返し踏まれても破損しにくく、仮に欠損しても通行の支障になりません。柔らかい素材で「滑り止め効果」があり、夜間でも再帰反射により優れた視認性を誇り、抜群の「安全性」も兼ね備えています。

路面断面図

施工の流れ

①マーキング

マーキング

穿孔の位置決めを行います。

②穿孔

穿孔

ケーズルリング専用ビットによる穿孔作業。

③掘削ゲージ

掘削ゲージ

穿孔の深さを、専用掘削ゲージを使い確認します。

④清掃

清掃

掘削溝の中を清掃します。

⑤乾燥

乾燥

エンジンブロアーを使い掘削溝の中を完全に乾かします。

⑥ガタツキ調整

専用プライマー

溝に仮はめ込みをし、フィッティングストラップ(付属品)で調整。ガッチリ動かなくなるまで行ってください。

⑦高さ調整

充填剤注入

溝を深堀りした際、裏側にはめ込むスペーサー(付属品)です。リングが路面に食い込んでいかない為のものです。

⑧専用プライマー

施工完了

専用プライマーを刷毛等を使い掘削面全体に塗布します。アスファルト保護の目的です。

⑨専用プライマー乾燥

高さ調整

掘削溝内に塗布した専用プライマーをヒートガンを用い、乾燥させます。透明色になれば乾燥した目安です。

⑩専用充填剤注入

専用プライマー

専用充填剤を掘削溝内に注入し、ケーズルリングをはめ込んだ際に充填剤がはみ出さない様に注意する!

⑪はめ込み

充填剤注入

ケーズルリングに養生をし、ゴムハンマー等でしっかり奥まではめ込みます。

⑫設置完了

施工完了

設置後、即開放できます。